祈り

ジメジメな週末でした…



元彼に別れを切り出されたのが、今年の初め頃。
一人で暮らし始めたのが、春。

一人暮らしを始めてすぐの不安な中、飲み会にいったりサイトを使ったりの、出会い探しを始めました。
迷走を重ね、このブログに書けないような、誠に恥ずかしく情けない失敗もしました。
せめて、奥さんや彼女のいる人には当たらないよう気をつけましたが、
ぶっちゃけそれも完全に厳守はできませんでした。
来る日も来る日も知らない男性と出会って、
それら全部なんらかの形にはならなくて、
そのたびに大なり小なり傷ついた。
やっぱり男なんてだれも信じられない、
好きな人と付き合うなんてもう私には無理なんだ、とも思った。
ただ、それでも私は、恋愛することを諦めたくありませんでした。



なんとなく、もう書いても大丈夫かなってくらい気持ちが落ち着いてきたので、ここに記します。
不肖わたくしながら、彼ができました。


仕事に真摯な、かわいいひとです。
ちなみに、ブログ記事をすべて読んでくださっている方なんていらっしゃらないと思いつつ述べちゃいますが、
記憶喪失疑惑の彼です。
色々?ありまして…笑



リアル友人にはとても話せない、付き合いたての浮かれポンチおのろけなんですが、、
先日、仕事帰りの彼を駅まで迎えにいったんです。
雨が降っていたので、駅の軒下から道に出るとき、彼が傘をさしたのに続いてわたしもさそうとしたら、
えぇー、ひとつの傘に入って歩こうよ!って誘導されて、もうキューン!ってしました。
(二十代半ばからずっと元彼と一緒にいたので、こういう免疫がなくなっていた。笑)
でもって、その後近くの居酒屋に入ろうとしたところ、店の階段に折り畳み傘が倒れていました。
誰かが落っことしたのかなー?なんて思いつつ、私はそのまま入店して、店員さんに案内されるままに席に歩こうとしたのですが。。
後ろから入ってきた彼が店員さんを呼び止めて、傘が外に落ちてましたよ!  と、拾った傘を渡したんです。
ちょうど店を出るところだったサラリーマン集団のお一人のものだったらしく、無事傘は持ち主の元へ。
いや、あれは…惚れた…!
席に着いてからそれを言ったら、えー全然。俺だってめんどくさい時は拾わないよ。なんか気が向いたから!って笑ってて、
もー、なんていうか、好き!!!(すみません笑)
というか、拾うなんて思いつきもしなかった自分を真剣に恥じた。
幻滅されてないといいな…



まだ付き合って日が浅いし、どうなるか分かりませんが、大切にしたいです。
長く一緒にいられるように祈ります。



などと言っていたら、本日、近所で大量に食材を買いこんだ帰り道でカイワレ大根を落っことしていたらしく、若い男性が拾って追いかけてきてくださった。
ありがたすぎるーやさしすぎる!
え、世の中って、意外と親切なひと多いのですね…?もしかして、これぐらい全然普通なの??
自意識過剰と警戒心が強すぎて、外ではなるべく他人に関わることなく黒子のように過ごす私としては、反省しきりです。
私も、おおらかな心で、自然と人に親切になりたい。



さ、明日からもお仕事頑張ります。
色ボケには気をつけます。笑